GDPRとは?

 一般データ保護規則(GDPR)とは、EU居住者の個人データの厳格な取扱いと処理を徹底するためのデータ保護とプライバシーに関する新しいEU規則です。GDPRは、ビジネス慣行に対する規制の統一を目的に、2018年5月25日に施行されました。          

GDPRへの準拠が非常に重要な理由 

  • 透明性の高いビジネスプロセス
  • 許可に基づく個人データの処理と管理
  • データリポジトリの統合
  • 信頼の文化

GDPR違反の影響

GDPRに違反した企業は、2000万ユーロ、または前会計年度における世界全体の年間売上の4%のうち、いずれか大きい額が罰金として科せられます。   

Zoho CliqのGDPR準拠に向けた取り組み

GDPRが制定される背景には、プライバシーの侵害に対する社会的関心の高まりがありました。お客様のデータ管理を担うZoho Cliqは、ユーザーの個人データが「個人」データのまま保たれるよう取り組んでいます。     

データ処理

  • 保存データの暗号化 — 顧客の個人データは、セキュリティを強化するために暗号化された状態のまま保存されます。 
  • 同意 — ユーザーが拡張機能を利用する際には、拡張機能のアクセス情報がすべて表示され、ユーザーが同意した後にのみ個人情報が処理されます。 
  • 保証 — Zoho Cliqチームは、開発者が提出したコードをすべてレビューしてから、その拡張機能をZohoマーケットプレイスで公開します。  これは、開発された拡張機能が顧客の個人データを一切悪用しないことを確認するためです。 

データ主体の権利

  • アクセス —  ユーザーは、自分の個人情報やチャット記録をCliq上で表示し、アクセスすることができます。 
  • 訂正 — 組織の管理者は、組織のメンバーの個人データを訂正することができます。  
  • エクスポート —  ユーザーは、[印刷]オプションを通じてチャット履歴をエクスポートすることができます。     組織の管理者は、ユーザーの詳細情報をエクスポートすることもできます。 
  • 処理の 停止 — ユーザーは、プライベートなメッセージがCliqサーバーに保存されないように、どの会話でもチャット履歴をオフにすることができます。   
  • 忘れられる権利 — ユーザーは、Cliqアカウントをいつでも閉じる権利を有しています。  

開発者コミュニティ

Cliqプラットフォームで作業をするすべての開発者は、 開発者サービス利用規約を遵守する必要があります。

免責条項:このページに記載する情報は、法的助言とみなされるべきものではありません。GDPRの要件を遵守するために何をすべきかについて、法的助言を求めることをお勧めします。