最新情報

 

2013

8月

LinkedInページおよびグループの投稿キャンペーン

投稿キャンペーンに追加された最新の機能です。LinkedInのグループや会社ページでも、ステータスメッセージ、発言、画像、Webサイトのリンクなどを共有できるようになりました。投稿キャンペーンを作成する際に、ページまたはグループを選択できます。

10月

年末年始シーズン向けの新しいメールテンプレート

年末年始シーズンに合わせて顧客にアプローチしましょう。プロモーション、セール、製品の更新、グリーティングカードなど、テンプレートギャラリーにはカスタマイズ可能なさまざまなテンプレートが用意されており、それらを使ってメールを作成できます。他のあらゆるテンプレートと同様、これらの新しいテンプレートはモバイルデバイスにも対応しています。

自動メール送信のGoogleアナリティクス追跡

Googleアナリティクスを利用して、自動メール送信で送られたメール内でのリンクのクリックを追跡できるようになりました。必要な操作は、自動メール送信でメッセージを作成する際に、Googleアナリティクス追跡を有効にするだけです。Googleアナリティクスのアカウント内にあるキャンペーンのレポートに、リンクのクリック統計が更新されます。

12月

メールにYouTubeやVimeoの動画を挿入

メールに動画を挿入することで、メールキャンペーンのエンゲージメントを高めることができます。YouTubeやVimeoの動画を挿入するには、メディア差し込みタグを作成します。動画はリンクされるため、メールのサイズを心配する必要はありません。メールには動画のスクリーンショットと「再生ボタン」が表示され、ボタンをクリックするとブラウザーの新規タブで動画が再生されます。

詳細はこちら

2014

1月

メールキャンペーン内の受信者コメント

ニュースレターのコンテンツを読んだメールの受信者に、コメントを追加してもらえるようになりました。この機能を使うには、メールテンプレートをデザインする際にコメントアイコンを追加する必要があります。追加したアイコンは、差し込みタグとまったく同じように機能します。受信者のコメントはリアルタイムのフィードバックを集めるのに最適な方法であるだけでなく、受信者の活発なコミュニティーの構築にも役立ちます。

詳細はこちら

2月

ブログの投稿を自動的にメール配信

RSSキャンペーンを利用すると、ブログの投稿をすべての登録者にメールで送信できます。必要なものは、WebサイトのフィードURLだけです。時間と頻度を決めてキャンペーンのスケジュールを設定しておけば、ブログの投稿が購読者に自動配信されます。

詳細はこちら

iPhone向けZoho Campaigns

メールキャンペーンを、わずか数回のタップで管理できます。モバイル版のZoho Campaignsを利用すれば、キャンペーンの効果の監視、配信リストの登録者数の増加の確認、さらには同僚へのキャンペーンレポートの共有などをすべてiPhoneから行えます。

詳細はこちら

3月

Shopifyやクーポンキャンペーンとの連携

Shopifyでオンラインストアを運営している場合は、最新の製品、サービス、クーポンに関するあらゆる情報を顧客に通知できます。オンラインストアの売上を促進するだけでなく、メールからの購入を追跡することもできます。他のeCommerceプラットフォームを利用中で、クーポンを一斉配信してキャンペーンを展開したい場合は、クーポンの差し込みタグを利用できます。クーポンの差し込みタグを利用すると、キャンペーンの受信者ごとに個別のクーポンが自動的に生成されます。

詳細はこちら

8月

メールワークフローと自動メール送信によるマーケティングの自動化

登録者の情報に基づき、登録者をリスト間で移動できます。また、送信したメールに対する購読者の行動に応じてフォローアップを送信することもできます。メールワークフローと自動メール送信を利用すれば、最も関連性が高く効果的なコンテンツを適切なタイミングで購読者に送信できます。

詳細はこちら

9月

見込み客の担当者情報を送信者の詳細情報としてメールに利用

見込み客育成キャンペーンをカスタマイズして人間味を加えることができます。Zoho CRMのアカウントに登録された見込み客/連絡先の担当者の名前やメールを使用して、送信者の詳細情報をカスタマイズします。また、差し込みタグを利用してメールのコンテンツや署名をカスタマイズすることもできます。

詳細はこちら

11月

FlickrやPicasaの写真をメールキャンペーンに追加

見映えのよいメールキャンペーンを作成できます。FlickrやPicasaのアカウントから写真をアップロードしてメールに配置できるようになりました。

詳細はこちら

2015

1月

Zoho Campaignsが多言語に対応

効果的なメールキャンペーンと見込み客へのアプローチを、より多くの言語で行えるようになりました。Zoho Campaignsは英語に加え、オランダ語、フランス語、ドイツ語、ハンガリー語、イタリア語、日本語、ポルトガル語、スペイン語、中国語という9つの言語でご利用いただけます。

詳細はこちら

メールキャンペーンに効果的なビジュアルを追加

メールキャンペーンにぴったりの画像を見つけられるよう、Zoho CampaignsとBigstockが連携しました。Bigstockは、使いやすい良質なストック画像のマーケットプレイスです。2,200万枚のロイヤリティフリー画像からお好みの画像を選択し、あらかじめデザインされたテンプレートやレイアウトに配置します。これらはすべてZoho Campaignsのアカウントで利用できます。

詳細はこちら

2月

強化された新しい登録フォームで登録者を増やす

より多くの登録者を獲得する最も簡単な方法の1つは、Webサイト、ブログ、またはFacebookページに登録フォームを追加することです。新しくなったZoho Campaignsの登録フォームを利用すれば、登録の申し込みが多いページを把握できるようになります。

詳細はこちら

5月

Zoho CampaignsのWordPress用プラグインの導入

ブログの訪問者をメールの購読者に転換させたいとお考えでしたら、Zoho Campaignsの新しいWordPress用プラグインをご利用ください。この機能を利用すると、WordPressブログに登録フォームを埋め込むことで、訪問者がニュースレターを購読できるようになります。

詳細はこちら

6月

キャンペーンにアンケートを追加

登録者の情報を便利に収集したいとお考えですか?ご安心ください。Zoho Formsを利用すれば、キャンペーンの送信時にフォームを添付できます。適切なフォームテンプレートを選択し、コンテンツをカスタマイズしてフォームをデザインしたら、それを登録者に共有します。登録者の反応を簡単に記録し、必要に応じて将来のキャンペーンに活かすことができます。

詳細はこちら

8月

Android用Zoho Campaignsアプリ

Androidをお使いの方に朗報です。Android版のZoho Campaignsアプリがリリースされました。iPhone版アプリと同様に、キャンペーンの効果の監視、購読者リストの管理、キャンペーンの送信などをAndroidデバイスから行えます。このアプリはGoogle Play Storeから無料でダウンロードできます。

詳細はこちら

9月

Webサイトのフォロワーを配信リストに取り込む

Zoho Sitesの有料版をお使いのお客様に朗報です。新たに追加されたWebサイトの購読者を、Zoho Campaignsの配信リストに取り込めるようになりました。これによって購読者数を増やし、それぞれの購読者とのエンゲージメントを強化できます。

詳細はこちら

2016

7月

Office 365の連絡先へのメールキャンペーン

ビジネスにOffice 365をお使いですか?連絡先のインポート、Microsoftの予定表へのイベントの追加、購読者の効率的な絞り込みなどはすべてOffice 365のIDで行えます。Zoho CampaignsとOffice 365の連携を利用して、見込み客へのアプローチとメールキャンペーンの管理を行います。

詳細はこちら

2017

11月

登録者に関するあらゆる情報をモバイルアプリで確認

登録されている配信リスト、メールの開封に使用したデバイス、最後に受け取ったキャンペーン、割り当てられているカスタム項目など、登録者に関するあらゆる詳細情報を知ることができます。

詳細はこちら

12月

Zoho Campaignsが全面リニューアル

新しくなったZoho Campaignsでは、効果的なメールマーケティング機能が強化されています。スマートなダッシュボード、整理されたタブ、簡単なナビゲーションなどの幅広い高度な機能が搭載され、キャンペーンの作成から効果分析に至るまで、プロセス全体がはるかにシンプルになりました。

詳細はこちら

Litmusメールプレビューによる複数のプラットフォームでのテストが可能に

配信前のメールプレビューが簡単になりました。Zoho CampaignsとLitmusの連携により、メールをリアルタイムにテストできるようになりました。Litmusアカウントを使って、さまざまなシステムでメールがどのように表示されるかを配信前に確認できます。

詳細はこちら

Webセミナーの参加者から登録者をターゲティングして獲得

Webセミナーの参加者を個別にフォローアップする必要はもうありません。Webセミナーの登録者とZoho Campaignsの配信リストを同期するだけで、育成メールをいつでも送信できます。エンゲージメントプロセスを今すぐ始めましょう。

詳細はこちら

キャンペーンのコンテンツをわずか数分で準備

Zoho CampaignsとEvernoteを連携させることで、キャンペーンを作成する際に、保存済みのコンテンツをテンプレートエディターに簡単に取り込むことができます。また、Evernoteファイルに保存した登録者の詳細情報をインポートすることもできます。

詳細はこちら

2018

1月

コミュニティー学習シリーズの導入

2018年では、新しいことに挑戦します。Zoho Campaignsは、教育、能力支援、ユーザーコミュニティーとの長期的なつながりの構築などを実現するために、「今週のヒント」、「エキスパートへの質問」セッション、「フォーカスグループ」Webセミナーなどの取り組みを含むコミュニティーラーニングシリーズを新たに導入しました。

詳細はこちら

3月

2018年Zoho Campaigns新機能のご紹介

Zoho Campaignsの最新の更新では、同意管理、一括配信、送信時間の最適化、マーケティングカレンダーなど、数多くの新しいツールが追加されました。これらの機能を利用することで、承認ベースの整理されたスマートなメールマーケティングが可能になります。

詳細はこちら

Zoho Campaignsのモバイルアプリがさらに6ヶ国語に対応

モバイルアプリを利用すれば、外出先でもメールキャンペーンにアクセスできます。最新版では、追加の6ヶ国語に対応します。追加された言語は、デンマーク語、ポーランド語、ロシア語、トルコ語、ベトナム語、ヒンディー語です。

詳細はこちら

4月

Zoho CampaignsがGDPRに対応

GDPRの施行が間近となり、メールマーケターはコンプライアンス遵守の新しい方法を採用する必要に迫られています。Zoho Campaignsは、同意キャンペーン、登録者の選好、高機能な登録フォーム、プロフィールの更新オプション、クリックのメール送信解除など、数多くの新しい機能でGDPRへの対応を支援します。

詳細はこちら

5月

法律に準拠した追加機能

Zoho Campaignsでは、GDPRやその他メールマーケティング法を遵守しながら、新機能を導入しています。インプリント情報、法律ベースの契約管理、データ暗号化、パスワード保護、データの消去と移行、プライバシー設定が可能なサインアップフォームなど、さまざまな機能をご利用になれます。

詳細はこちら

GDPR準拠のキャンペーンモバイルアプリ設定

iOSやAndroidのモバイルアプリでも、データプライバシーを徹底的に遵守します。顔や指紋認証によるパスコードロック、ログアウト後のローカルデータの自動クリア、有効/無効の切り替えが可能な社内追跡、クラッシュレポートの送信などの機能がご利用になれます。

詳細はこちら