トピックの管理でオーディエンスの設定を理解する

購読者に関連性の高いコンテンツを配信するためには、購読者が求めるトピックを見つけることが最良の方法です。情報を活用することで購読者とのコミュニケーションを合理化し、購読者が選択したトピックに合わせることができるため、登録解除の可能性が低くなります。購読者がやり取りの方法を選択することで、メールキャンペーン全体の成功が確実なものになります。

無料お試し登録
ロケットトピックの追加TP連絡先の追加トピックの管理
イベント 
メールマガジン 
製品の更新情報 
マーケティング 

トピックと設定

「トピック」項目を選択するのは購読者です。購読者は、関心のあるトピックをいつでも選択、変更できます。

設定を購読者が選択

ブランドに関するトピックを設定して、購読者が関心のある分野を選択できるようにします。購読者は、メールキャンペーンのメールフッターに記載された[設定を管理する]リンクから、トピックの選択内容を更新できます。また、作成した登録フォームにトピックを関連付けることで、フォームを介して登録されたすべての購読者を対象のトピックにマッピングできます。

トピックの管理連絡先
  設定の管理
    

購読者にトピックを割り当てる

購読者はトピック設定を選択できますが、マーケティング担当者がトピックを購読者に割り当てることもできます。連絡先の追加時またはインポート時に、適切なトピックを連絡先に割り当てることができます。これにより、連絡先を効率的に整理し、対象を絞った情報を配信できるようになります。

連絡先にトピックを割り当てる連絡先にトピックを割り当てる
 トピックを選択
 

トピックに基づいてキャンペーンを送信する

適切なオーディエンスにメールを確実に届けるために、メールキャンペーンとワークフローでは、トピックの選択が必須になります。購読者は、リストの一部であるかどうかに関係なく、トピックに直接マッピングできます。作成できるトピックの数に制限はありません。

トピックに基づいてキャンペーンを送信するドロップダウントピックの割り当てナビゲージョンバー 
    
    
    

階層のカスタマイズ

トピックの管理は、単一製品と複数製品の両組織にメリットになるよう設計されています。前者は、単一製品にトピックをマッピングするブランド階層を採用できるのに対し、後者は、複数の製品組織を作成して、それぞれに関連するトピックをマッピングできるブランド/製品階層を採用できます。

トピックに基づいてキャンペーンを送信する
 カスタム階層
 
 

実際の操作性は無料お試しで
ご確認ください

毎月最大2,000人に、6,000通までのメールを無料で一斉配信できます

無料お試し登録