メニュー

メールマーケティングのベストプラクティス

すべての企業は、適切な見込み客をターゲットとし、より最適化された方法で見込み客とやり取りし、売上につなげたいと考えています。メールマーケティングは、利用者に負担をかけることなく高度なターゲティングと詳細な測定が可能なため、これらすべてを達成する最もかんたんな方法と言えます。ここでは、メールマーケティングを最も効果的に活用するベストプラクティスをご紹介します。

施策

プロモーションモデルを作成

プロモーションの成否を左右するのは、プロモーションをどのように計画し、実行するかです。プロモーションを成功させるには、重要な行動のチェックリストを用意し、予定通りにプロモーションを進めることが大切です。

詳細はこちら

魅力的なフォームで、より多くのメルマガ登録者を獲得

メルマガ登録者が多いほど、認知度が高まり売上が増えます。より多くのメルマガ登録者を獲得するには、登録フォームが重要な役割を果たします。独自にデザインしたプロモーションフォームを自社のWebサイトに組み込めば、メルマガ登録者数の増加につながります。

詳細はこちら

顧客リストを最新の状態に保つ

顧客リストを許可にもとづいた最新の状態に常時保つことで、チャネル別にプロモーション活動を行えるようになります。場所、年齢、業種などの条件にもとづいてリストをセグメント化することで、適切な見込み客にプロモーションを行うことができます。

詳細はこちら

デザイン

魅力的なメールでお客さまを釘付けに

メールのデザイン、特に受信者ごとにカスタマイズしたデザインを作るのは楽しい作業です。送信するすべてのニュースレターに工夫を凝らし、メルマガ登録者がもっと受け取りたいと思うものにしましょう。

詳細はこちら

魅力的なコピーで惹きつける

ありきたりに聞こえるかもしれませんが、コンテンツこそが最も重要です。魅力的なコピーで受信者を惹きつけ、画像や動画を活用してメルマガ登録者の興味を高めましょう。

詳細はこちら

フォローアップを自動化し、時間を節約

営業メールからお礼のメッセージまで、お客さまの反応に合わせて一連のフォローアップを送信します。メッセージを正しい順序に並べて期間を設定したら、残りはすべて自動化に任せましょう。

詳細はこちら

最適化

メールのバージョンをテストしてコンバージョン率を上げる。

受信者がメールにどのように反応したかを知ることは非常に重要です。テスト対象者にメールのA/Bテストを行うことで、より大きな集団にどのような影響を与えるかを確認できます。

詳細はこちら

件名で惹きつけて開封率アップ

メールを開封してもらうためには、何よりも優れた件名が必要です。わかりやすく説得力のある件名を付け、魅力的なプリヘッダーテキストで読者を惹きつければ、メールの開封率はぐんぐん上がります。

詳細はこちら

配信

SNSをプロモーションに活用

さまざまなSNSプラットフォームでキャンペーンを共有すれば、より多くの見込み客に見てもらうことができます。ターゲットとなる見込み客がいる場所に応じて、Facebookのプロモーションタブ、Twitterのセールスカード、LinkedInのキャンペーンなどを作成できます。

詳細はこちら

お客さまからの提案に耳を傾ける

キャンペーンで送信したメールから直接お客さまとの会話を始められます。リアルタイムのフィードバックと提案を集めましょう。また、お客さまにアンケートリクエストを送信してショッピング体験について尋ねれば、今後のプロモーションに活かすことができます。

詳細はこちら

全機能