ユーザー管理

管理者は、ポータルをカスタマイズでき、プロジェクトメンバーに対して、さまざまな権限を付与、管理できます。バグや課題の登録、変更、担当者の割り当て権限など、自社の開発スタイルに合わせて柔軟にアクセス権限を設定できます。

ユーザー役割の設定

管理者、マネージャー、クライアント、請負業者などの役割を、ユーザーに割り当てることができます。

ステータスの共有

誰が何をしているのかを全体で把握しましょう。あなたがクライアントからリクエストされたレポートを作成しているのなら、その状況をアップしましょう。チームと状況を共有しましょう。

クライアント企業ユーザー

クライアンの先のユーザーをプロジェクトに追加できます。関連するプロジェクトへのアクセス権限を付与し、お客さまが、常にプロジェクトの全体像を把握し、進行状況を知ることができます。

プロジェクトでのユーザー役割の設定

プロジェクトでのさまざまな役割を、チームメンバーに割り当てましょう。プロジェクト進捗状況をチーム全体で把握し、重要なタスクに集中できるようになります。

クライアントのアクセス制限

クライアント企業のユーザーに対してアクセス権限を付与できます。お客さまに十分な情報を提供し、プロジェクトチームの進捗を把握してもらい、生産性をアピールできます。