一元化されたユーザー管理

管理者は、ポータルをカスタマイズし、安全なアクセスを提供して、プロジェクトでユーザーグループが実行できるさまざまなアクティビティを制御できます。各役割には、さまざまなアクセス権限が付与されます。バグの登録、移動、割り当てなど、組織の作業スタイルに合わせて設定できます。

組織ユーザー

企業のスタイルに合わせて、数分足らずでポータルをカスタマイズしましょう。また、管理者、マネージャー、クライアント、契約者などのユーザー役割を、組織の役割にすばやく割り当てることができます。

更新情報をチームと共有

お客様から要求されたレポートに取り組んでいるなら、それをチームメンバーに伝えましょう。プロジェクトメンバーのステータスメッセージのビューを表示すれば、各メンバーが何に取り組んでいるのかをかんたんに確認することもできます。

顧客の組織

顧客の組織を追加して、進行中のプロジェクトへのアクセス権限を付与しましょう。これにより、顧客はプロジェクトの全体像を把握しながら、進捗状況を深く理解できます。

プロジェクトユーザー

さまざまなユーザー役割を作成して、チームメンバーに割り当てましょう。これにより、メンバーはプロジェクトの進捗をかんたんに追跡し、重要なタスクに注力できるようになります。

顧客のアクセス権限

顧客ユーザーまたは顧客組織に安全なアクセス権限を提供し、彼らが提出したバグを表示できるようにしましょう。これにより、顧客に十分な情報を継続的に提供し、プロジェクトチームの高い生産性を示すことができます。