バグのカスタムビュー

バグは絶対に見落とすことはできません。Zoho BugTrackerを使用すれば、バグをかんたんに体系化し、すべてのバグを追跡することができます。これにより、開発者は作業に集中し、顧客は進捗を追跡して、全員の認識を統一できます。

カスタムビュー

ユーザー別や重大度別にカスタムビューを作成することで、重要なタスクに集中することができます。プロジェクトの進捗状況を確認し、バグ追跡の各手順がシンプルになります。

バグビュー

バグのステータス、移動、削除を基準にしたバグの登録・体系化を1か所で行うことができます。バグビューは、修正が必要なバグをすべて追跡する統合ビューとなります。

カンバンビュー

バグをカードで表現して、バグのステータスごとに列に並べたビューです。チームの全員がこれを参考にして現時点で行うべきことを認識できます。カンバンカードの詳細については、こちらをクリックしてください。

進捗を追跡

進捗を追跡して、開発プロジェクトが改善されていることを確認できます。バグレポートには、未解決のバグの概要が重大度別・ユーザー別に表示されます。

マイルストーン表示

マイルストーンによって、進捗を確認し、プロジェクトをスケジュール通りに進めることができます。進捗を完全に管理し、期日を明確に把握して、目標を達成しましょう。

バグをエクスポート

[エクスポート]オプションを使えば、適切な形式(xls/csv)で迅速にバグをエクスポートできます。BugTrackerでは、必要に応じてユーザー別・モジュール別にバグをフィルタリングし、エクスポートすることができます。