Bitbucketでコードの安全を確保

ソースコードをホストし、オンラインでバグを管理・修正する必要がある場合、このソリューションが最適です。Bithucketとの新たな連携により、GitとMercurialのリポジトリのホストや管理、ソースのコミットの確認、コード変更をZoho BugTrackerで行うことができます。

チームを同期

BitbucketでホストされているソースコードリポジトリをかんたんにZohoにリンクできます。チームメンバーはすぐにコード変更を確認し、どこにいてもZoho BugTracker内で処理を行うことができます。

コード変更を確認

Bitbucketにチェックインされたコードは、BugTrackerで変更セットとして表示されます。また、変更を行い、BitbucketでバグIDを指定した場合、Zoho内のそのバグに自動的にリンクされるという利点もあります。

状況を常に把握

最近のリポジトリの変更内容を確認し、プロジェクト内で何が起きているのかを常に把握しましょう。最近行われたコード変更を、プロジェクト全体の変更セットとしてわずか数秒で確認することもできます。

変更について活発に議論

ソースコードの変更について話し合い、修正して、チームの承認を得ましょう。また、バグ修正の進捗の全体像を明確に把握し、バグを迅速に修正することもできます。