イベントページの作成を、もっとかんたんに

雰囲気作りはWebサイトから

イベントの雰囲気作りは、Webサイトからすでに始まっています。イベントページやイベント特設サイトは重要でありながら、Webサイトの作成は非常に大変な作業です。Zoho Backstageはイベントページの作成からチケット販売、スポンサーの管理までひとつのサービスで完結します。

外観のカスタマイズ

テンプレートを選んだら、多種多様なWebサイトのテーマからイベントにあった色彩の選択、ドラッグアンドドロップでメニューのカスタマイズ、要素の表示設定の変更など、イベントやブランドに合わせたカスタマイズが可能です。

伝わるレイアウトにカスタマイズ

セクションを追加して、テキストや画像を配置を決めることができます。プログラミング知識は不要でイベントページのレイアウトの変更が可能です。

多言語対応サイトも作成可能

イベント特設サイトを作成したら一旦エクスポート。テキストなどを翻訳してインポートするだけで、複数言語に対応したイベント特設サイトに。

メニューテキストのカスタマイズ

イベントページのメニューテキストはまとめて変更することができます。ボタンのクリックでそのまま公開も可能。表現の統一を時間をかけずに実現します。

スポンサー管理

イベント情報の掲載だけでなく、スポンサーの募集から管理までを行うことができます。

参加予定のセッションでタイムテーブルを保存

参加者はイベントのタイムテーブルとは別に、自分が興味があるセッションや参加予定のセッションを選んでオリジナルのタイムテーブルを作成することができます。

イベントサイト作成をもっとかんたんに

無料お試し