カスタマイズと管理

Zoho Assistは、一目でわかるすっきりとしたユーザーインターフェイスを採用しており、アカウントの設定と管理の複雑さを解消します。技術者の管理、オンデマンドレポートの取得、アカウントのリブランディング、ブラウザーアプリやデスクトップアプリの使用など、手間のかからない操作性を実感できます。

ユーザー管理がかんたん

シンプルなインターフェイスで技術者をかんたんに追加し、管理できます。各技術者に権限を付与して、リモートサポートセッションまたは無人アクセスセッションのどちらを実施できるか、または両方を実施できるかを決定できます。  組織に設定されたすべての技術者が無人コンピューターにアクセスできます。また、コンピューターグループの権限を定義することもできます。

手間をかけずにリブランディング

会社名とロゴを追加してZoho Assistのリブランディングを開始し、技術者がログインしたり、顧客がリモートサポートセッションに参加したりできるカスタムWebパージを作成できます。カスタムWebページはポータルURLとも呼びます。

埋め込みのカスタマーウィジェット

遠隔地の顧客は、Webサイトやブログからリモートサポートセッションに参加することで、安全だと感じることができます。このようなセッションには、Webサイトへの訪問数を増やすという効果もあります。カスタマーウィジェットは、Webサイトやブログにすばやく追加できるシンプルなHTMLスニペットであり、顧客がすぐにセッションに参加できるようになります。

高度なレポート

必要なときにいつでも、実施されたリモートサポートと無人セッションごとの詳細なレポートを取得できます。技術者別や時間範囲別にレポートをフィルターして、パフォーマンスの確認と分析を行えます。これは、詳細なレビューと請求に役立ちます。

ブラウザーアプリ

Browser Extensions and Apps for quick access

Chromebookを使用している場合や、ブラウザープラグインやアプリを愛用している場合は、Zoho Assist ExtensionまたはGoogle Chrome対応アプリを取得できます。ブラウザーからリモートサポートセッションと無人コンピューターの管理の両方を実施できます。

デスクトップアプリ

デスクトップアプリによって、デスクトップから直接リモートサポートと無人セッションを開始できます。かんたんなインストールが必要ですが、わずか数秒で完了します。注:現在、デスクトップアプリはWindowsにのみ対応しています。

カスタマープラグイン

カスタマープラグインによって、顧客はデスクトップから直接セッションに参加できます。短時間でインストールされ、かんたんに参照できるようにリブランディングできます。注:現在このアプリは、Windowsにのみ対応しています。