データベースやアプリケーションのデータから洞察を得る

ビジネスデータは通常、オンプレミスデータベース、ホステッドデータベース、フラットファイル、Webアプリケーションなどに保存されています。Zoho Analyticsはデータの保存場所にかかわらず、BIツールとして使用できます。あらゆるソースからZoho Analyticsにデータを取り込み可能。分析とレポート作成機能も充実しています。

社内データベースから

Zoho Analyticsを使用して、社内データベース(SQL、NoSQL)に埋もれた情報を引き出しましょう。インストールがかんたんで堅牢な「アップロードエージェント」を使用して、ファイアウォールの内側にある社内のデータベースやフラットファイルからデータをアップロードできます。

 

操作がかんたん

アップロードエージェントはシンプルで、インストールや設定がかんたんです。ファイアウォールの内側や、Windows、Mac、Linuxオペレーティングシステム上で動作可能です。

詳細はこちら

 

幅広いデータベースに対応

幅広いデータベース(SQLとNoSQL)に接続できます。サポートされているデータベースには、Oracle、SQL Server、MySQL、PostgreSQL、MS Access、Teradata、MongoDBなどがあります。

詳細はこちら

 

ファイルのアップロード

フラットテキストファイルからのデータを、まとめてアップロードできます。これは、巨大なデータをCSVファイル形式で生成する社内アプリケーションで特に便利な機能です。

詳細はこちら

 

定期的なアップロードと同期

データベースやアプリケーションからデータを定期的にアップロード/同期するように設定すれば、リアルタイムに近いレポート作成と分析が実現します。

詳細はこちら

クラウドデータベースから

Zoho Analyticsでは、異なるクラウドデータベースに保存されたデータを分析できます。操作方法はスムーズでシンプル。Zoho Analytics内でインポートプロセスを管理できます。

 

データのインポート

クラウドデータベースからZoho Analyticsにデータを直接インポートでき、レポート機能も充実しています。洞察に富んだレポートとダッシュボードを作成して、主要業績評価指標を追跡できます。

詳細はこちら

 

Amazon Redshiftへのライブ接続

Zoho Analyticsでは、Amazon Redshiftデータベースへのライブ接続モードを利用できます。このモードでは、AmazonのRedshiftデータで適切なライブクエリーを実行すると、Zoho Analyticsがレポートを作成します。

詳細はこちら

 

データベースのサポート

Amazon RDS、Amazon Redshift、Microsoft SQL Azureなどのクラウドデータベースと接続し、高度な分析レポートの作成と分析を行います。

詳細はこちら

 

定期的なアップロードと同期

定期スケジュールをセットアップすると、最新のデータが自動的にZoho Analyticsに送信されます。セットアップ手順はかんたんで、数分で定期スケジュールを設定できます。

詳細はこちら

アプリケーションから

Zoho Analyticsは、HTTPベースのWeb API(REST API)を提供しています。このAPIはプラットフォームに依存しないため、アプリケーションやデータベースで行われたデータの変更をZoho Analyticsにリアルタイムに反映できます。

 

あらゆる操作に対応するAPI

Zoho Analyticsは、あらゆる操作に対応する幅広いAPIを提供します。データの挿入/更新のためのデータAPI、列とテーブルの追加/削除/名前変更のためのモデリングAPI、レポートやダッシュボードに関する情報を取得するためのメタデータAPIなどがあります。

 

純粋なHTTPベース

ZohoのREST APIは、標準のXML形式またはJSON形式でのリクエストとレスポンスが可能であり、プログラミング言語に依存しません。便利なラッパーをJava、C#、Python、PHP、GOなどの一般的な言語で利用することで、開発がかんたんになります。

 

ホワイトラベル提供

Zoho Analyticsを完全にリブランディングできるホワイトラベルソリューションを使用すれば、自社ブランドでカスタムドメイン/ポータルからサービスを提供できます。ホワイトラベルのZoho Analyticsには、シームレスな埋め込みBIソリューションのオプションがあります。